現在の位置 : ホーム > 保健センター 事業のご案内 > 精神保健 > 精神障害者保健福祉手帳

精神障害者保健福祉手帳

保健センター 事業のご案内

自身が一定の精神疾患症状にあることを証明するものです。
1~3級の等級があり、これにより精神保健福祉関係サービスを受けやすくなります。
手帳の交付は申請してからおおよそ1~2か月後です。

 

○個人番号について

平成28年1月1日からマイナンバー制度の施行に伴い、個人番号(マイナンバー)の記載とそれに伴う身元確認が必要となります。

 平成28年1月1日以降、自立支援医療(精神通院医療)、精神障害者保健福祉手帳の申請書・届出書には、

 1 個人番号(マイナンバー)の確認

 2 身元(実存)の確認をさせていただきます。

 代理人による届出の場合は、代理権の確認も必要となります。

 ※1 個人番号確認書類(例)(いずれか1点)

  ・(番号)通知カード

  ・個人番号カード(裏面)

  ・個人番号が記載された住民票の写し・住民票記載事項証明書

 ※2 本人確認(身元確認)書類(例)(有効期限があるものは、有効期限内のものに限る)

  ①顔写真付き身分証明書(いずれか1点)

   ・運転免許証

   ・パスポート

   ・個人番号カード(表面)

   ・運転経歴証明書

   ・身体障害者手帳

   ・精神障害者保健福祉手帳

   ・療育手帳

   ・在留カード

   ・特別永住者証明書

   ・戦傷病者手帳

   ・その他官公署から発行・発給された書類その他これに類する書類であって、写真の表示等の措置が施され、氏名・生年月日又は住所が記載されているもの

  ②顔写真付き身分証明書がない場合(以下の書類から2点)

   ・自立支援医療受給者証

   ・公的医療保険の被保険者証

   ・住民票の写し・住民票記載事項証明書

   ・年金手帳

   ・介護保険の被保険者証

   ・児童扶養手当証書

   ・特別児童扶養手当証書

   ・その他官公署から発行・発給された書類その他これに類する書類であって、氏名・生年月日又は住所が記載されているもの(例:図書館カードなど)

 

 

有効期限 2年間

 

新規申請(はじめての方)

必要なもの

※手帳申請の場合、診断書は『初診から6か月以上が経過した』ものに限ります。

更新申請

有効期限の3か月前から申請ができます。

必要なもの

再申請(汚れ・破損・紛失された方)

必要なもの

※手帳の記載内容に特別な変更がない場合、当日再発行となります。

変更申請(障害等級・氏名・住所を変更する方)

必要なもの

※変更後は、30日以内に申請をお願いいたします。

他県(さいたま市含む)から滑川町へ転入された方へ

埼玉県での精神保健福祉手帳を改めて発行します。

必要なもの

精神保健福祉手帳で受けられるサービスについて

滑川町における精神保健福祉手帳では、

等のサービスが受けられるようになります。

それぞれのサービスを受けるにあたっての詳細は、恐れ入りますが各窓口、各事業者へご相談ください。

☆申請書、及び意見書、診断書の用紙は保健センターにございます。

お問い合わせ先

滑川町保健センター 電話:0493-56-5330(直通)