現在の位置 : ホーム > 保健センターに関するお知らせ > 1歳未満の乳児にはハチミツを与えないでください

1歳未満の乳児にはハチミツを与えないでください

保健センターに関するお知らせ

更新日:2017年05月08日

乳児ボツリヌス症は1歳未満の乳児にみられるボツリヌス症です。1歳未満の乳児ではボツリヌス菌の芽胞が腸管内で発芽・増殖しその際に産生される毒素により発症します。症状は便秘、筋力の低下、哺乳力の低下、泣き声が小さくなる等が認められます。乳児ボツリヌス症予防のためハチミツを1歳未満の乳児には与えないでください。また、ボツリヌス菌の芽胞は熱に強いので、長い時間加熱しても殺菌できません。離乳食にハチミツを使用することは避けてください。