現在の位置 : ホーム > 保健センターに関するお知らせ > B型肝炎ワクチン予防接種が定期化されます!

B型肝炎ワクチン予防接種が定期化されます!

保健センターに関するお知らせ

更新日:2016年09月01日

国が積極的な接種をすすめる「定期予防接種」に、平成28年10月から「B型肝炎ワクチン」が追加されます。

これにより、対象者は公費負担(無料)で予防接種が可能となります。

 

B型肝炎とは?

B型肝炎は、ウイルスの感染により起こる肝臓の病気です。

感染状態のまま発症しない「キャリア」になると、慢性肝炎になることがあり、一部の人は肝硬変や肝がんを

引き起こすこともあります。

ワクチンを接種することでB型肝炎ウイルスへの抵抗力(免疫)ができます。

お子様が感染してキャリアになることを予防でき、まわりへの感染も防ぐことができます。

対象の保護者の方は、接種スケジュールを確認していただき、予防接種を受けるようにしてください。

 

定期接種ができるようになる日  平成28年10月1日から
 対象者  平成28年4月以降に生まれた方
 接種時期  生後~1歳になるまでに3回接種
 接種間隔 1回目(標準的な開始は生後2ヶ月頃から)

↓ ・・・①回目から27日以上あける

2回目

↓ ・・・①回目から139日以上あける

3回目

 費用  無料(町で負担)
 医療機関に持っていくもの  予診票、健康保険証、母子健康手帳

※ただし、HBs抗原陽性の者の胎内または産道でB型肝炎ウイルスに感染するおそれがあり、抗HBs人免疫グロブリンの投与に併せて組替え沈降B型肝炎ワクチンの投与を受けたことがある方は対象外となります。

 

Q&A

Q.対象の子どもがいますが、予診票が手元にありません。

A.平成28年4月~7月生まれの方へは、10月3日(月)より滑川町保健センターへお電話ください。

必要な数の予診票を配布いたします。

8月生まれ以降の方は、順次郵送いたしますので、こちらは申し出の必要はありません。

 

Q.対象の子どもがいて、すでに何回か接種しています。費用の還付や助成はありますか?

A.10月より前に接種されたB型肝炎ワクチンに対する還付・助成の実施はありません。

 

Q.対象の子どもがいますが、まだ1回も接種していません。10月の定期接種が始まるまで待っていても大丈夫でしょうか?

A.1歳になるまでに3回接種できれば問題ありません。

ただし、定期開始からしばらくは医療機関が混み合うおそれがありますのでご注意ください。

 

Q.対象の子どもがいて、すでに1回目が接種済みです。2回目以降は10月の定期接種が始めるまで待とうと思いますが、1回目と2回目が1、2ヶ月以上あいても大丈夫でしょうか?

A.問題ありません。

ただし、2回目を接種した時点で「1回目から139日以上あいていた」場合、3回目は6日以上の間隔をあける必要があります。